中西江梨子 オフィシャルブログ

AVプロダクションLINX(リンクス)所属のAV女優・中西江梨子(なかにしえりこ Nakanishi Eriko)の公式ブログです。

怒涛の一年でした。

思っていた以上に沢山のオファーを頂きまして、心より感謝しております。


それにしても…


ここのところ現場で衣装合わせをしているとサイズが緩い事が多いです。



…ダイエットなんて、していませんよ。

それどころか、お米が美味しくて食べ過ぎちゃったわ

大好きなスイーツバイキングには入り浸るわ

インスタ映えするパフェ巡りばっかりで、ダイエットとは正反対の生活なんだけども…
(だいたいダイエットなんかやっても3日と続かないですし)

でも、現場で衣装合わせをするとね、9号サイズでちょうどです。

絶対にバストやお尻はきついだろうっ!って思うんですが………普通に入ります。なんだろこれ??


でもね、バストは小さくなってないのね。

バスト以外の場所は、確かにお肉が落ちたのかもしれません。


ブラのアンダーを75から65に変えないと、緩くなってしまいました。

つまり、トップバストはあまり小さくなっていなくて、アンダーバストやウエスト、ヒップなどが小さくなった→必然的にブラのカップサイズが上がる、という事なんですよね(・・;)

つまり、トップバストが成長したのではなく、バスト以外の他の部分の余計なお肉がどっかに行った、って事みたいなんですが…


くどいよーですが、ダイエットなんてしていませんし、そもそもそんな事はやる気もない(笑)
もちろん、運動も一切していません…


どういう事なんだろ。

忙し過ぎて勝手に痩せたのかしらん???



でもね、会う人会う人に

「急に痩せたら身体に毒だよー?」

「ちゃんとごはん食べてる?」

って訊かれるのですが…


なんか私、周囲の人々を不安にさせてないか?


一番不安なのは私だけども……でも、健康には問題ないです。


とりあえず定期検診(性病検査ではなく、普通の健康診断ね)では異常なしだったけど…


なんなんだろね。
気になるね。

9A81EA54-8A1C-4446-88EB-6FF328356561

はいどうも。中西です。

なかなか更新できず、申し訳ありませんでした^^;

やっぱり師走なんですねぇ…

でも、お陰様で忙しくさせて頂きまして、心より感謝申し上げます。

でも、忙しいというのは本当にいい事なのかな、とふと思ったり…

忙しいという字は「心を亡くす」とも読めるものですし…

心を亡くしてまで忙しくても、なんだか虚しさを感じてしまいます


…って、なんだか最近ちょっと疲れ気味ですみません💧


眠たいのがもろに出てる顔なんだよ^^;
A9D6E495-54EE-4C3D-A564-D3C7F501F614



では、お仕事に行ってきます。

今回はまた初めてお世話になるメーカー様で…

私のような者でもキャスティングして頂けて嬉しいです。



あと少し、あと少しで仕事納め。

そのあとは何も考えずにゆっくり眠りたいです。

はいどうも。中西です。


先日、とある女優さんのデビュー前からデビュー時のブログを拝見させて頂きました。

すでに引退しておられる方のようです。

何と言ったら良いんだろうか。

心が洗われる気持ちになったんです。


まだ二十歳になるかならないかの若い女の子で、文面からも彼女のピュアな心が伝わってきまして。

AV女優になる事を夢見て、何社かのAVプロダクションを受けて、ようやく決まった時の嬉しさを綴っているトピックが特に印象的でした。

ああ、この子は本当に純粋にAV女優として舞台に立ちたい女の子なんだなぁ、と。

本当に可愛い女の子で、女の私でもファンになりたいと…いや、実際ファンになってしまいました。


だってね、彼女のブログを読んでいると、ほっこりと癒されて来るんですよ。

純朴で、欲望や打算なんてかけらもないのは、そのブログからでも充分に伝わって来たんだ。

恵比寿マスカッツみたいになりたい!
(彼女ならなれるだけの器量良しだと思うよ!)
って、目を輝かせて深夜番組の録画を見ては喜んで、
本当に可愛いなぁ、と思ったんです。


もちろん、その後彼女は某メーカーの専属の単体女優として華々しくデビューを飾り、その後も爆発的な人気を集めて、一気にキラキラした舞台へと登って行きました。

その後、恐らく何らかの事情により急遽引退をしてしまいましたが、引退後も彼女の根強いファンは少なくないと思っております。

多分ね、彼女がただ可愛いだけ、エロいだけの女の子だったらここまでの人気は得られなかったと思っています。


そんな素敵な女の子、大人の女性を陰ながら見守って応援しつつも自分ものっそりゆるゆる頑張るのが私のスタンスです(笑)

LINXに移籍してから、現場でご一緒させていただいた方や同じ現場の別班の撮影で、メイクルームでご一緒させて頂いた女優さんも数名いらっしゃるのですが、本当に素敵な方にお会いすることができたのも、この仕事を続けていたからなんですよね。


私が素敵だな、と思った人に共通するのは…

上記の女の子のように、ピュアな心の持ち主であること、なんです。


特に印象に残っているのが、FAプロさんに初めてお世話になった時に共演して頂いた、同じ事務所の女優さん(一応お名前は伏せさせて頂きます)
2度目のFAプロさんの現場で共演させて頂いた女優さんお2人
アクロスさんの現場でお世話になった時、共演ではなく同じスタジオの別班での撮影で、控え室でご一緒させて頂いた女優さん


メイクルームで、ものすごく興味深い話を色々と教えて下さったり、楽しいお話を聞かせて頂き、いずれのお話も私に深く刺さるものばかりで
「もっと一緒に話す時間が欲しいよ!」
と心から思いました。


皆様がご迷惑でなければ、またご一緒させて頂きたいと思ったんです。


なんだろうね
人間的な魅力が強い人は
「この人にまた会いたい」
と思ってしまうんですね。

その中で…9月のアクロスさんの現場の時のお話をさせて頂きます。

現場が一緒とは言っても共演ではなく、お互いに単体作品なので、スタジオ入りの時間も違うし、メイク直しの時間もまちまちでした。
控え室で顔を合わせるのは衣装替え程度。あとは香盤の都合上、メイク直しのタイミングが被った時…

なので話をする時間なんて、ろくにありませんでした。


でもね、私にとってその女優さんはとても心が惹かれるサムシングがありました。

それをうまく言い表すことができなくて、もどかしい。


でも、なんと言ったら良いんだろう。


心から素敵だと思える人に会った時は、その場の空気が浄化されて、自分の心も澄んだ水に打たれたような気分になります。


そういうのはね、決して外見だけの話ではないんだ。


彼女はその内面の美しさが表に滲み出ているから、私の目にはとても美しい大人の淑女と映ったのです。


…やっと言えました(笑)


同じ事務所とは言え、会って間もない人からいきなりこんな事を言われたら、なんだこの人は?薄気味悪いと思われてしまうかもしれませんから、その場では敢えて言いませんでしたが…


赤の他人をそんな気持ちにさせる人というのはね、それだけの人間的魅力があると思うんですよ。


そういう人との出会いは、何にも代え難い貴重な宝なのですよ。



もちろん、素晴らしい人との出会いもあれば、その逆もまたあります。


色んな人に出会うのが人生ですし、苦手な人との出会いもまた、意味があるものです。

お仕事だけに限らず、自分の人生のフィールドのすべてのお話で。


私にとっての苦手な人…

それは、醜い心の人です。

ならば何をもって醜い心とみなすのかと言いますと

自己顕示欲と金銭欲にまみれた人
利己的で他者に対する配慮のできない人

って、こういう人を好きだという人の方が少ないと思いますが…
でも、この様な人たちは一見すると明朗快活だったり人当たりも良かったりする事が往々にしてあります。
パリピっぽかったりもしますね。パリピは個人的に苦手意識が先立つのもあるんですがね…
ピーパリは好きだけど。

いやでも、パリピでも心の醜くないパリピならば、パリピを理由に表面だけを見て嫌う事もしません。


私にとって外見というのはただの魂を入れておく容器に過ぎないものなんです。

もちろん魂が汚れておれば、どんな綺麗な器に入れても、中から腐り爛れて来るものではありますが。

ですから、心の醜い人は、
明るく振舞っている様に見えても、よくよく見ると目が笑っていなかったり。
笑顔で近づいて来ていながらも実は腹に一物を抱えているのが、クラゲの内臓の様に透けて見えていたり。

外見だけをギラギラと飾り立てていたり、口八丁で美辞麗句を並べ立てて取り繕っていても、その中身が下水のような汚い心の人に出会った時は、私は牡蠣の様な硬い殻の中に閉じこもって頑なになる。

相手にとっては、さぞや感じの悪い女と映っているであろう。

でも、いいんです。

縁を結びたくない人物には

「あなたなんて嫌い」

と口にできなくても、態度で示します。
当然そんな態度を取られたら相手だって気分を害し、私を嫌うのは必至です。

しかし良いのです、それで。

縁を結びたくない人に対峙した時でも、そういう人に合わせて自分も笑顔の仮面をつけて、巧みにその場をやり過ごすことは、もうとっくの昔にやめてしまいましたから。

過去の私は、そういう人にも嫌われない様にと気を遣って、嘘の笑顔を張り付けて接して…
そして、後からそのストレスやら自己嫌悪やらに苛まれて悶々と過ごすという、無駄な時間を過ごした事もありました。

そんな時間を過ごす事には何の意味もないのです。


自分の貴重な時間を、嫌な人の事を考えて潰すなんて、こんな馬鹿げた話があるか?
と思ったんです。

嫌な人の事を考えずに済む様にする為には、嫌な人との関わりを極力減らせば良いんだ、と。

もちろん、社会に出て働いていてはそういう訳にも行かない事が多々ある事は、痛いほどわかります。

でも、私は心の醜い人に笑顔を見せる事は辞めました。

こうして言葉にすると淡々としたものになりますが、これを現実に行うことがどういうことかご理解頂けるでしょうか。


職場や地域コミュニティなどでこれを行うと、たちまち孤立するというのは想像に難くないです。

実際、孤立しました。

しかしここで孤立することの苦しさに負けて、尻尾を振ったり仰向け寝で腹を見せたりして群れに戻ろうとしてはいけない。

群れに戻ればまた、嫌な連中の機嫌を取って卑屈な笑顔を張り付ける毎日です。

それと比べたら孤立する事の辛さなんて、大した事ではありません。

それに、そういう人達から距離を置いて孤立する事には大きなメリットもあります。

そういう時に心から寄り添ってくれる人は真の友人となる事もある。

もちろん、中には同情心で良い顔をして善意の押し売りをしている姿を多くの人にアピールしたり、そんな自分に酔ってるタイプの偽善者や
孤立している弱みにつけこんで何か良からぬ事を企んでいる輩もいるから、人を見る目が必要なのは言うまでもありませんが。

孤立すると言っても実は一時的なもので、長い人生の中のほんの一瞬の出来事でしかないのです。

孤立したとしても人間力を高める努力をコツコツと続けていれば、自ずと自分の周りに人が集まる様になる。

しかも、人間力を高めている時に集まって来る人物は、紛い物のヒトモドキではなく、本物の人間達だから。

そう考えたら心の醜い、下らない連中に愛想を振りまいて笑顔を見せる事など、実にくだらない事だと思いませんか。

それに、そんな連中に卑屈な笑顔を見せている内に…自分もどんどん同じ人種に染まって行ってしまうのです。


うん…

えっとね…

そういう人から「仲良くし〜ましょ♪」
ってのがあってね

でもね私はその人を初めて見た時から

「私…この人…嫌い。」

って思ったの。


どうして?って

なんだろねー

なんて言ったらいいんだろねー

ペテン師みたい、って直感的に思ったの。

物欲と金銭欲と自己顕示欲がダダ漏らしになってるのに本人は全く気づいてなくてね

汚いお金を手に入れている人特有の、いやらしいオーラを纏っていたのね。

人を騙したり、気弱な人につけ込んでタカったり、時に強引だったり、お金の為ならどんな汚い事も厭わない、そういう人が纏っているオーラ。

この人きっと、そういう事が板に付いてる人なんだろうなって思った

私ね、そういう人がそばにいると気分が悪くなって目眩がするの

だから、仲良くしたくない。

それとね、自分の利益の為ならば、他人の心情なんて御構い無しで、自分の都合のいい様に振り回す人なんだろうな、って直感的に感じた。

時に自分の引き立て役に

時に自分の踏み台に

他人の付加価値に目を付けて、あわよくば自分もその恩恵に与ろうとする浅ましい心

利用価値がなくなればすぐに蹴り捨てる鬼畜の心

有事の際には他者を盾にして自分の身だけは守ろうという心

…ちょっと言い過ぎかもしれないけどね、初めて見た時の第一印象から、これだけの事が読み取れたの。

言動、身なり、雰囲気の中にその素養があます事なく溢れ返っていたから。


だからね、仲良くしたくないと思ったんだ。

こういう人はね、正真正銘の「厄病神」だから。

厄病神と仲良くしたくないのは、当たり前…


でもね


この私が下手に出て「仲良くしよう」って言ってあげてんのに!
こっちこそあんたなんて嫌いで〜す!

って…


や、やっぱり仲良くしなくて良かったナぁ…









↑このページのトップヘ